日々の生活の中から、かわいいこけしのお話をちょっとずつ...
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
バレーの佐野選手を見て...

ただ今、世界バレーでの、全日本女子アタッカーの活躍が、
最高潮に盛り上がっています。
今夜は韓国に圧勝し、ベスト4進出が決定しました。
目指せメダル獲得!!

さて、今日お話したい事は、リベロ佐野選手について。

栗原選手をはじめとするアタッカーは素敵な方ばかり。
(中でも私は、竹下選手の活躍ぶりに元気をいただいています)
女性らしい爽やかなオーラが、観ていても清々しい。

最近になって、佐野選手の表情がとても気になるのです。

佐野選手の凛とした表情が、とても美しく感じるのです。
同時に、凛とした表情の鳴子こけしを思い出させるのです。

竹下選手と同様に、小柄ながらスタメンで活躍されている佐野選手も、
現在に至るまでも、並ならぬ努力をされてきたのでしょう。
けれど、バレーから離れると、凛とした女性の姿なのかなと、
勝手に想像しています。

ひとり談議 - -
長谷部選手の本棚

今日はこけしでなく、だるまのお話を。。。

今朝のズームイン。
サッカーの長谷部選手が出演されていました。

W杯以来、長谷部選手のファンの私。
もちろん嬉々になって、目を皿にして観ていました(笑)

長谷部選手のご自宅も映り、お部屋も公開されていました。

長谷部選手は、オフの日には1日8〜10時間も読書に費やす程の、
大の読書家。
取材のテーマが「読書」という事で、大きな本棚が登場。

実は先月購入したNumber(長谷部選手表紙)にも、
長谷部選手のお部屋が掲載されていたので、
マスコミ通じてのお部屋拝見?は2度目(笑)

...でも、雑誌と違って、ブラウン管はすごくリアル感を感じるものですね〜。

改めて、膨大な量の本にすごい!と思う一方で、
本棚の左上に置いてある物にも気になりました。

それは...2個のだるま。

仕事から戻って、何日か振りにNumberを読み返すと...
ギリギリラインでだるまが写っているのではありませんか!!

隅々まで見ないと気が付かないものですね。。。

本棚の2個のだるまから、
異国にいる今も、日本人らしさを持ち続けている長谷部選手の姿がより一層伝わった、
朝の一時でした。

先月のパラグアイ戦では観られなかっただけに、
今度のアルゼンチン戦が楽しみです!

ひとり談議 - -
ティーマットの刺繍

anag 

レースのティーマット。

私の手元に渡ってしばらく経つうちに、
刺繍の模様が...こけしの形に見えるように。

今では、こけし以外の形には、どうしても想像できません(笑)

写真は白ですが、同じタイプのミルクティー色も持っています♪

ひとり談議 - -
水戸黄門に...

仕事が終わって帰宅して、自宅のTVをオンにした所、
水戸黄門(※再放送)が放映されていました。
時間的にもラストシーンでしたが...

突如、こけしが!!!

ほんの一瞬でしたが、
繊細に絵付けされた、美しい伝統こけしでした。

その日はきっと、東北を舞台にしたお話だったのでしょうね。

残念ながら?、由美かおるさんの入浴シーンを見る事はできませんでしたが(爆)

ひとり談議 - -
昨日の笑点
日曜日は家にいる時は、笑点をBGMに?夕飯の支度をしています。

昨日も、笑点の時間に合わせてTVをオンにして、夕飯の支度を始めたものの、
ある場面で、思わず手が止まってしまいました。

バックがこけしではありませんか!!

こけしは確か4体。
皆さん、鳴子系の美人さんでした。

今回は仙台の会場という事で、なるほど...!と思いましたが、
こけしをバックに使われるなんて、
宮城県では本当にこけしは身近な存在なんだなぁって、
より強く感じました。
ひとり談議 - -
作並駅の写真を眺めて思ふ
仙台へは、実は5年ほど前に行った事があります。

計画していたヨーロッパの旅行を取りやめにしたのがきっかけです。
ただ、羽田往復のチケットのキャンセルが面倒な理由で(笑)、
東京を拠点に滞在する事に。

たまたま、友人から教えてくれた作並温泉の宿の素晴らしさにとりつかれるように、
途中、1泊2日の日程で仙台へ。

その時は温泉目的だけで、市内は新幹線の車窓からのみ堪能。
2日目は夕方までに東京に戻らなくてはいけなかった事もあり、
市内観光はなし...今思えば、かなりもったいない仙台の旅だったなぁって思いますが、
その思いが、また仙台に行きたい気持ちをより強くさせてくれているように思います。

仙台の緑いっぱい溢れる街並みと、
仙台の方々の優しさにまた触れたいという気持ちだけでなく、
古くからの文通友達が、仙台に移住した事と、
ご縁があり、仙台にお住まいの方々と交流を持つようになった事も。

更に、こけしに惹かれるようになった昨秋からは、
こけし旅への思いもプラスされました。

先日、久し振りに引っ張り出した旅の写真のうち1枚に、
作並駅で撮った写真が出てきました。
旅の思い出がよみがえる一方で...改札口の両脇のこけしに驚きました。

驚くって...?!
あの時は、建っているこけしに興奮して?、思わずシャッターを切ったのですから(爆)

anag 
ひとり談議 - -
<< | 2/2 |