日々の生活の中から、かわいいこけしのお話をちょっとずつ...
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
海の向こうの親友にこけしを贈る
2月に平賀こけし店さんにお邪魔させていただいた時に、
自分用のこけしたちの他に、
親友へのこけしも購入しました。

親友は、海外に住んでいます。

彼女と親しくなって、
彼女が日本に住んでいる時から...
10年以上前に、語学留学で日本を離れてから現在に至って、
お互いに、誕生日を祝ったり、プレゼントを交換しています。

彼女の年に1度の帰国の時に、
お互いの家が近いという事もあり、
都合を見つけては、一緒に食事やお茶,ショッピングをしたり...

考えると、同じ地元に住んでいるのにもかかわらず、
年々疎遠になっている友達よりも、
彼女と会っている回数が多いのですが、

お互いに包み隠せず、何でも話せる彼女との時間は、
かけがえのない時間、
そして、離れていても心は繋がっていると、実感させてくれる瞬間。

実は、彼女に贈るこけしを、
3月に帰国した時に、直接会った時に贈る予定でいたのですが、

震災そして原発の事故の懸念によって、
出発日の数日前にキャンセル。
彼女との再会は、残念ながら実現できませんでした。

震災からしばらくしてから、こけしを航空便で送りました。


先日、彼女から、
「こけしが届いた」と、メールが入っていました。

贈ったこけしは確か、10〜15cmくらいの大きさだったかな。

どうやら、彼女が今まで抱いていたこけしの概念をくつがえしたようで、
初めて、小さくかわいいこけしに初めて出逢えた事と、
日本人の手仕事の素晴らしさに、すごく感動している様子が、
とても伝わりました。

早速こけしは、もうすぐ2歳になる娘ちゃんのお部屋に飾ってくれたようです。


海外で生きていく事を決めた親友が、
ふと、日本が恋しくなったり、辛くなったりした時に、
こけしが彼女の心を温かくさせてくれたら...

また、娘ちゃんにも、日本にこけしというお人形がある事を伝えられたらと...

そんな思いで、仙台へのこけし旅を決めた時に、
彼女にこけしを贈ろうと決めていたのです。

親友の幸せへの願いも込めながら...
ひとり談議 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>