日々の生活の中から、かわいいこけしのお話をちょっとずつ...
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
四国のおみやげ

四国のおみやげをいただきました。
anag
高松市の湊屋さんの和三盆糖の渋皮栗納豆。

パッケージと眺めると......こけしの絵が!!
何故、四国の銘菓にこけしが???

ぱっと見では、蔵王系の岡崎幾雄工人のこけしを連想しましたが、
よくよく見てみると、肘折こけしのようですね。

ものすごい目力のこけしちゃんは、
おみやげを選んでいる観光客へのアピールの役割を果たしているような
感じがしています。

ちなみにお味は、大変おいしゅうございました。
Mさん、ありがとうございました。

こけしおやつ - -
なるこ温泉サブレー

anag
大坂屋さんの「なるこ温泉サブレー」です。
なる子ちゃんの絵入りの袋が、とってもかわいい。

とっても軽く、サクサクっとした歯ざわり。
何個でもいけそうです(笑)
隠し味?のナツメグも風味もまた、ちょっと大人っぽいお味。

ちなみに温泉サブレーは、全国菓子博に必ず出展されているとの事。
15年くらい前の金沢菓子博では受賞されています。
(兼六園のことじ灯篭が描かれた賞状は、お店に飾られています)

金沢菓子博は、結局行くチャンスを逃してしまったのですが、
一昨年の姫路菓子博には行けたものの、
姫路菓子博はなんと!東京ディズニーワールド並みの人込みで、
(今までの入場者数は、姫路菓子博が一位だそうです!)
実はゆっくり見ることができなかったのです。。。

今回の旅では、杉浦さやかさんおススメ(鳴子こけし工房めぐりマップから)の
こけしスフレーは購入は断念しましたが、
電話やFAXなどで注文・発送可能との事。(0229-83-3409)
今度、サブレーとスフレーを注文しようかしら。

店主さんはとても気さく、お話好きですので、
お店での一時もまた、旅の思い出になるかと思います。

店主さんが描かれている絵手紙も素晴らしいです。
行かれた際には、ぜひご覧になってみてくださいね♪

******

そういえば一昨年、姫路からの帰りの新幹線で、
新神戸から乗られた50代前後の男性とご一緒になった時に、
乗り換え地の京都まで、菓子博談議をしていた事を思い出しました。

金沢で菓子博が開催されていた頃、
その方の赴任地がたまたま富山か岐阜あたりだったそうで、
その頃に金沢菓子博に足を運ばれたそう。

姫路菓子博開催までは、入場者数が金沢菓子博が一位だったそうですが、
姫路の混雑理由について、その方曰く、
立地条件の違いではないか、と。

姫路は、姫路駅から歩いて確か15分くらいの姫路城。
ところが金沢は、金沢駅からバスで20〜30分かかる展示場。
(ただし、北陸道金沢西ICからはすぐの所)

今の金沢城跡は、きれいに整備されていますが、
金沢での菓子博が15年くらい前でなく今ならば、
雰囲気的にもっと盛り上がっていたのかな?と思っているのは、
私だけでしょうか???

こけし菓子ネタから思いっきり脱線してしまいましたが(笑)

こけしおやつ - -
からからせんべい
anag 
友人からいただいた、山形の「からからせんべい」。

からからせんべいでおもしろいのは、
中におもちゃが入っているのです!!

おせんべいの中に、こけしが入っていればラッキー?!

生憎、私がいただいた分には、こけしにはお目にかかれませんでしたが。

個人的には、温かいほうじ茶や国産紅茶と一緒にいただくのがお気に入りです
こけしおやつ - -
| 1/1 |